MISTSを知る

STRONG POINT3つの強み

MISTSについて、「VISION」「総合力」「人材」の
3つの切り口で紹介します。

1VISION

都市をつくり、時代をつくり、
あなたをつくる

伊藤忠丸紅住商テクノスチール(以下MISTS)は、建材を扱う鉄鋼建材の専門商社として、幅広い建設構造物に関わっており、国内トップクラスの専門商社です。主な商材は鉄骨と鉄筋で、北は北海道から南は九州・沖縄まで国内主要都市に拠点を設け、大型案件を数多く手掛けています。

当社は国内市場を主たるマーケットとして、お客様であるゼネコンや加工会社に対し、建築系であればオフィスビル、マンション、ショッピングモール、物流倉庫などの建築資材を、土木系の社会インフラでは河川の護岸、港湾、橋脚、トンネル、ダム、火力・風力発電施設といったエネルギー関連などの大型工事に使われる製品を供給しています。
一方で、海外市場に対してはまだわずかではありますが、親会社である伊藤忠丸紅鉄鋼㈱や住友商事㈱と連携をとりながら、主に東南アジア地域のインフラ建設案件に携わるなど、徐々にその範囲を拡大しつつあります。

商社といえば、これまでは商材の流通が主な役割でしたが、モノを販売するだけではなく、ゼネコンなどのお客様のニーズに応え、設計や工事を請け負ったり、オリジナル工法の開発やオリジナル製品の製造までを行うなど、事業領域を川下から川上へと拡大しています。いわば、鋼材流通のトータル・コーディネーター的な役割を担っています。

さらに、MISTSのビジネスの強みは、その技術力にあります。技術力があるからこそ、流通だけではない幅広い事業が可能となります。社名に「テクノ(Techno)」とあるのも、まさに私どもが目指す技術力の象徴です。商材ビジネスに技術の専門性を加えた姿が、今日、そして未来の私たちにとって、あるべき企業像です。

仕事の幅は広く、入社されると戸惑うこともあるかもしれません。しかし、MISTSだからできることに、お客様も大きな期待を寄せています。他社にはない専門性を武器に、商社ならではの情報力とスピードを武器に成長を加速させると同時に、人を育てる会社でありたいと考えます。

MISTSは事業を通して、「都市をつくり」、「時代をつくり」、そして「あなたをつくる」会社を目指しています。

2統合力

1×1×1=∞

MISTSは2016年、伊藤忠丸紅テクノスチールと住商鉄鋼販売が統合し、伊藤忠丸紅住商テクノスチールが誕生しました。伊藤忠、丸紅、住友商事という3つの総合商社の冠がつく会社は、日本でもMISTSだけです。

3つの総合商社の事業領域の広さは、鉄鋼業界において大きな強みとなっています。3社はそれぞれ得意な領域が異なるので、そのグループネットワークを有効活用し、建築・土木はもとより、都市の再開発や、プラント・風力・火力・原子力発電をはじめとするエネルギー関連まで、幅広く事業を展開することができます。そのシナジー効果により、これまで別々の会社ではできなかったビジネスが可能となり、ビジネスチャンスが大きく広がっています。

また当社の強みに、いち早く情報を入手し、プロジェクトの上流に営業をかけるプロジェクトワークがあります。日本を代表する総合商社3社の情報ネットワークを最大限に活用することで、建設プロジェクトの初期段階からビジネスに関わり、プロジェクトを組み立てる推進力が一段と加速されました。3つの巨大なバックグランドを持つ会社が統合(1×1×1)したことで、MISTSにはさらなる可能性(∞)が広がったと言えます。

3人材

秘めたる「青い炎」

MISTSの仕事は、建物やインフラの建設計画の初期段階から関わり、鉄鋼を供給するだけではなく、設計を請け負うなど、建設プロジェクトの中核に関わっていくのが特徴です。ゼロからプロジェクトに関与し、最終的に「東京スカイツリー」や「モード学園コクーンタワー」等のランドマークとなる巨大建築物や、「東京外環自動車道」や「リニア新幹線」等、国の基幹となる社会インフラの建設など、目に見える成果が残っていきます。まさに日本の街や都市、時代をつくるプロジェクトを支えており大変意義ある仕事です。

  • 東京スカイツリー

  • モード学園コクーンタワー

しかし面白いことに、鉄鋼専門商社としてダイナミックな仕事を担うMISTSの社員はというと、社内を見渡せば、実は、ごくごく普通の人たちです。皆さんが思い描く「典型的な商社人材タイプ」──とは異なる雰囲気と言っても差し支えありません。

それでも、一つだけ間違いのないことがあります。
それは、彼ら彼女らの心の中に潜むパッションです。表だっては見えはしませんが、社員一人ひとりの仕事に対する秘めたる思いは、決して誰にもひけを取ることはありません。仕事に取り組む姿勢に、皆が熱い思いを持ち臨んでいます。

ゴウゴウと音を立てて燃える「赤い炎」は、一見すると目立ちます。比較し、「青い炎」は静かに燃え、その姿も控え目です。しかし青い炎の温度は、赤い炎より圧倒的に高いのです。MISTSの社員像を物語っているかのようです。

「体育会系、明るく、元気で、声がでかい」──大いに結構です。しかし私たちは、一見わかりにくくても、心の中に秘めたる「青い炎」もつ皆さんを、決して見逃しはしません。

ABOUT