教育体系

当社は、社内外研修をはじめ、入社年数や部署に合わせた制度を整えております。会社が内容を考える研修制度以外にも、自身が学びたい内容を勉強できる制度や、資格取得をサポートする制度もありますので、社員一人一人に合わせた教育体系になっています。社員の学びたい意欲を尊重し、社員の成長を全力でサポートする職場を目指しています。

研修体系

「企業人・テクノスチール社員としての基礎力を造る」

それぞれの階層に求められる“基礎力”を明確にし、それを身に付けられるような教育・研修を行っています。
とくに若手社員には、「商社マンとしての基礎力を身に付ける」ことを目的にし、業務スキルの習得はもちろん、
簿記や会計知識の習得にも力を入れています。

自己啓発制度

人材育成、能力開発の一環である「自己啓発支援施策」の一つとして“通信教育”をそのツールと位置づけ、社員各自の自己啓発による職務遂行能力の向上を図ることをその目的として、「通信教育制度」「社外研修制度」を導入しています。
とりわけ通信教育制度では、社会人としての基礎力を身に付けられる150以上の講座を用意しています。講座を無事に修了した際は、講座の費用を会社が負担しますので、積極的に勉強をすることができます。

通信教育講座例
英語でビジネススキルアップシリーズ/word・Excel2010技ありシリーズ/日商簿記検定2級受験/決算書の読み方トレーニング/ビジネス文書入門/マネジメントの実践知識

資格取得支援制度

業務で必要となる資格はもちろん、より高度な専門知識を習得してもらいたいと考え、公的資格の取得を支援しています。これは、受験にかかる費用に加え、合格後には“資格手当”も支給することで、モチベーションの向上を図っています。

対象資格例
1級建築士/建築施工管理技士/土木施工管理技士/社会保険労務士/日商簿記/宅地建物取引主任者/ビジネス実務法務検定 など

社外講座派遣制度

社内研修の一環として、外部機関が実施する、公開講座を受講することができる制度です。この制度は、社員が業務に直結する知識はもとより、ビジネスパーソンとしての基礎力を高めるための学習を主体的・能動的に実践することをサポートする目的で、会社が指定した社外講座を受講することができます。