1年目の仕事

鍛造加工品部 鍛造加工品課

白石 大洋
(2016年入社)

商社がカッコいいと思った

「就職活動を始めた当初、不動産という事業で街をつくっていくことができるというところに魅力を感じ、デベロッパー(不動産開発業者)の選考を受けていましたが、結果はうまくいきませんでした。その後、社会人の大学の先輩から商社業界の話しを聞いていくうちに、商社がカッコいいと思うようになりました。当社から採用選考の案内をきっかけとして、当社のことを知り、インフラに使う鉄を扱う会社であれば商売はなくならず、人々の生活を安定させる職業に就けると思い、選考を受けることに決めました。最終的に当社へ入社することを決めた理由は、面接の際に面接官に面白い方が多かったと感じたことと、内定後の先輩社員との懇親会がとても楽しかったからでした。」

商品知識がないと仕事にならない

白石が所属している鍛造加工品部は、鉄をはじめとした金属をたたいて強度を上げた製品をお客さんのニーズに合った形に加工をした上で製品を納入するという部署である。取扱製品は、リング鍛造品という石油・天然ガスの掘削時に使用されるパイプを繋げるための継手、道路や鉄道の柱に使われている杭の継手、そして産業機械に使われる大型の歯車や変電所にある電気を遮断するための機械のフランジなど多岐に渡る。「入社して大変だと思ったことは、素材の知識、加工の知識、製品の知識など幅広い知識がないと仕事にならないということでした。例えば加工会社の方から加工に関する問い合わせがあったとき、図面を読み取ってきちんと理解した上でお客様に伝えなければなりません。また素材についても鉄だけではなく、アルミ、ステンレスなど様々な素材の要望があるので、その性質についても勉強しなければなりません。そのため専門誌を読むことや、わからないことは先輩に質問するなどをして知識を増やしていきました。

1年目の秋からは一人でお客さんのところへ行く機会が多くなりましたが、知識が無いことが不安だったため、先輩社員と事前に確認すべきことを打合せした上で行くように心がけていました。」

先を読んで行動すること

白石が徐々に一人での仕事に慣れてき来た頃、先を見据えて行動することの大切さを知ったエピソードがある。

「あるお客さんから注文が徐々に増えてきていましたが、先々の注文数を確認せずにいたところ、急激に注文が増えてしまい、供給が追いつかなくなるということがありました。他社で対応できないため、当社が供給責任を果たさなければいけない商品でしたが、需要と供給を計算してみてもどうしても材料が足りず、愕然としました。その時は他に取引のある加工会社が、同じ材料を使用していたため、そこに頼み込み材料を譲ってもらうことができたので、何とか供給責任を果たすことができました。今回は材料を譲ってもらい継続して供給することができましたが、もしかしたら、お客様の工程に穴をあけ、信頼を失っていたかもしれません。

この経験から3~4ヶ月先を考えながら手配をすることの大切さを知り、お客さんには需要について積極的に問い合わせをするようにしております。その上で毎月需要見込みと材料の供給バランスを考え、手配するようにしています。」

知識が増えてきた結果

「1年目は、製品の注文から納品までという取引の基礎となる部分を行うことが多かったですが、2年目となった今では、素材や商品知識も増えてきたことで、徐々にお客さんと対等に話ができるようになってきました。そして、仕事の話だけでなくプライベートの話もできるような関係を構築できたことが成長した部分だと思います。それによりお客様に対して加工方法を変えることでコストを削減する提案や値上げの交渉を徐々に行えるようになってきました。」

鍛造品のビジネスを広げたい

「自ら積極的にお客様の要望に合った提案をして、新しく鍛造品と関わりのあるビジネスを広げていきたいと思っています。さらに、国内だけでなく、海外の素材を使うこと、海外向けのお客様向けに商品を売り込んでいくなど、世界にも目を向けて大きなビジネスができるようになりたいと思っています。」

きちんと自分自身を見てくれる会社を探してほしい

「自分自身、就職活動がうまくいかず、面倒だと思ってしまったこともありました。しかし、必ず自分のことを見てくれている会社はあると思うので、いろんな業界を見て、自分に合った会社を探してほしいと思います。」

他の社員を見る

  • 大倉 拓馬
  • 小出 隆幸