1年目の仕事

棒鋼部 棒鋼1課

大倉 拓馬
(2016年入社)

当社との出会い

「就職活動を始めた当初、特に業界を絞ることはせず、誰もが知っているような会社を中心に見ていました。様々な業界を見ていく中で、特に商社は取扱商品が多いだけでなく、関係先も多岐にわたるため、様々な人と接点が持てることが魅力的だと思いました。ある時、ダイレクトメールが届いたことをきっかけにして当社のことを知りました。就職活動を通していろいろな会社を見てきましたが、どの仕事にも鉄が関与していることに気づいたことと、父親も鉄を扱う仕事をしていたこともあり、面接をしていく中で当社に入りたいという気持ちが強くなり、内定を頂くことができた当社に入社することを決めました。」

基礎固めの重要性

大倉が所属している棒鋼部は、鉄筋と呼ばれる鉄を扱っている。鉄筋は、マンション等の「鉄筋コンクリート造」の建物の骨格に使用される鉄のことである。

大倉は入社後、すぐに営業には出ず事務的な仕事を行うこととなった。「1年目の夏頃まで商材のカタログを見て商品知識を増やし、電話対応や請求業務などの事務的な仕事を中心に行っていました。当初は、電話対応では商品知識が少なかったため、相手が伝えたい内容が理解できず、名前も聞き取れないことが頻繁にありましたが、1日に数十件も電話対応をしていくうちに、取引先の名前を覚えるとともにだんだんと聞き取れるようになっていきました。

自分が事務的な仕事を行っている頃、他の部署に配属となった同期は外に営業に出ていたため、営業に出られないことに対する焦りがありました。しかし、事務作業を長期で行ったことにより、業務の一連の流れについて基礎固めができたと思います。夏が過ぎた頃、営業でも重要となるデリバリー(商品の出荷指示)業務を行うようになり、その頃に自信が持てるくらいの数を経験できたことは、今でも営業に活きていると思います。」

デリバリーでの入力ミス

大倉には、今でも忘れられないという失敗をしてしまった経験がある。

「先輩社員が担当している取引先のデリバリーで、メーカーにトラックの空きがなった為、私は運送会社を探し、メーカーに取りに行ってもらった上で製品を納品してもらうことを考えました。運送方法を変更した際、システム上での変更が必要となりますが、そのシステムの入力変更を忘れたため、製品をトラックに載せることができなくなってしまったのです。すぐにシステム上で修正を行いましたが、急な変更依頼であったため、メーカーの担当者も混乱させてしまうことになってしまいました。現場の方からは『いつになったら製品が届くのかと。』と言われてしまうなど、自分がボタンを1つ間違えたことが、メーカー、工場、お客さんに迷惑をかけてしまうことになってしまいました。

最終的には先輩社員やメーカーの方の助けがあったため、無事当日中に製品を納入することができました。その経験を踏まえ、メーカー担当者とどうすれば同じような間違いがなくなるかという打合せを行い、同様なことが起きないよう徹底しています。」

お客さんとの会話の難しさ

入社2年目となり、大倉は担当を持つようになった。

「2年目となり、客先担当を持たせてもらい、ゼネコン(総合建設会社)の購買担当部署へ営業に行って、物件の情報を聞き受注できるように動いています。鉄筋は、価格が日々変動する商材なので、価格をお客さんに納得してもらえるような説明をしなければなりません。担当を持たせてもらった当初は、何を会話したらいいかわからず、初めのうちは一方的に価格が上がったことを伝えて会話が15分ほどで終わっていました。」

その後、大倉はどうすればお客さんに興味を持ってもらう会話ができるかを考えた結果、掴んだ情報を資料に纏めた上でお客さんに提示するようにしたのだった。すると、お客さんから資料の内容について質問をもらうようになり、だんだんと会話が弾むようになった。「今ではお客さんと仕事の話だけでなく、趣味や長期休暇中の旅行などのプライベートの話もできるようになりました。最近ゴルフを練習している為、お客さんからアドバイスをいただいております。」

担当先を増やしていきたい

「現在の担当先はまだ数社なので、これからはさらに知識を増やして大きなプロジェクトに携われるようになりたいです。そして、現在担当している担当先はもちろんのこと、大きなゼネコンも担当したいと思っています。将来的には、新興国のインフラに関連するような取引もやってみたいです。」

興味がないと思った会社も見てほしい

「さまざまな業種の企業を見てほしいと思います。自分が興味のないと思った会社でも実際に働いてみないと仕事の内容もわからないので、有名企業だけを見るのではなく、たくさんの会社を見た上で自分が行きたい会社を探してほしいと思います。」

他の社員を見る

  • 小出 隆幸
  • 白石 大洋