基本情報

基本データ

当社が扱う商材は、鉄鋼製品の中でも需要の大きい建設用鋼材です。
大手総合商社3社の幅広いネットワークを活かし、これまで数多くの国家的巨大プロジェクトに関わってきました。
いわば、「産業の基盤を支える役割」を担っています。

その中で、鉄鋼メーカーとこれを使用するユーザーをつなぐコーディネーターとして、いかに最適な流れを作り出すかが重要となります。
多種多様な鋼材の商品知識や価格動向はもちろん、わずかな変化を読み取りユーザーのニーズに合わせてビジネスを構築しています。

社名 伊藤忠丸紅住商テクノスチール株式会社
(英文:Marubeni Itochu Sumisho Techno Steel Inc.)
設立 1963年5月31日
資本金 30億円
従業員数 396名(2018年1月1日現在)
売上高 3,091億円(2017年3月期連結)
代表者 代表取締役社長 中野次郎
事業所 本社:東京都千代田区大手町1丁目6番1号 大手町ビル
支社:関西、北海道、九州、東北、名古屋
支店:新潟、北関東、北陸、中国、四国
営業所:長野、静岡、南九州、沖縄
株主 伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社(66.7%)、住友商事株式会社(33.3%)
主な仕入れ先 新日鐵住金株式会社、JFEスチール株式会社、株式会社神戸製鋼所、株式会社クボタ、日鐵住金建材株式会社、東京製鐵株式会社、東京鐵鋼株式会社、JFE条鋼株式会社 他

伊藤忠丸紅住商テクノスチールの歩み

伊藤忠 丸紅 住商

1963年5月

伊藤忠商事(株)が100%出資で東京鐵鋼販売サービス(株)を設立

   

1970年4月

東京鐵鋼販売サービスが伊藤忠金属販売(株)へ社名変更

   

伊藤忠商事が100%出資で伊藤忠鉄鋼販売(株)を設立、伊藤忠商事の鉄構建材部門(大阪)の事業移管を受ける

   
   

1981年1月

住友商事(株)が100%出資で住商鉄鋼販売(株)を設立

 

1986年4月

丸紅(株)が100%出資で丸紅鉄鋼建材(株)を設立、丸紅の鉄構建材部の業務移管を受ける

 
 

1986年4月

丸紅(株)が100%出資で丸紅金属販売(株)を設立、丸紅の大阪鉄鋼第二部の業務移管を受ける

 

1991年10月

伊藤忠金属販売が伊藤忠金属(株)へ社名変更

   
 

1995年4月

丸紅鉄鋼建材(株)と丸紅金属販売(株)が統合

 

1996年4月

伊藤忠金属が伊藤忠商事の建設鋼材部を統合し、伊藤忠建設鋼材(株)に社名変更

   

1999年7月

伊藤忠建設鋼材と伊藤忠鉄鋼販売が合併し、伊藤忠テクノメタル(株)へ社名変更

   
 

2000年4月

丸紅鉄鋼建材(株)と(株)東邦物産が合併

 
     

2001年10月

伊藤忠丸紅鉄鋼(株)の経営統合に合わせ、伊藤忠テクノメタルと丸紅鉄鋼建材が合併し、伊藤忠丸紅テクノスチール(株)が誕生

 
 

2007年4月

住商鉄鋼販売と住商厚板マネジメント(株)が合併

 

2015年4月

住商鉄鋼販売と住商マテリアル中国(株)が合併

2016年1月

伊藤忠丸紅テクノスチールと住商鉄鋼販売が合併し、伊藤忠丸紅住商テクノスチール(株)が誕生